このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアン風のお部屋にぴったりの観葉植物はどれ?

アジアン風のお部屋にぴったりの観葉植物はどれ?

アジアン風のお部屋づくりを目指すなら、観葉植物を加えてみてはいかがでしょうか。

リゾート感のあるリラックスした雰囲気が特徴のアジアン風のインテリアには、エキゾチックな見た目をした観葉植物が良く馴染み、おしゃれ感を一気に高めてくれます。

今回は、アジアン風のお部屋におすすめな観葉植物を4つご紹介します。

アジアン風のお部屋と相性抜群な観葉植物4選

アジアン風のインテリアは、バリやプーケット、セブをはじめとしたリゾート地を連想させるインテリアスタイルのことをいいます。暖色系の温かみのある雰囲気に、家具やアジアン雑貨をアレンジしてお部屋をコーディネートするのが特徴。

とくに観葉植物は個性的な見た目をした種類が多く、エキゾチックな雰囲気をした種類はアジアン風のインテリアによく馴染むことから、人気アイテムに数えられます。

では、アジアン風のお部屋と相性が良いおすすめの観葉植物について見ていきましょう。

1.モンステラ

モンステラ

アジアン風のお部屋の定番といえば、モンステラです。

切れ込みの入った個性的な見た目が印象的で、エキゾチックな雰囲気がインテリアに良く馴染んでくれます。もともと熱帯地域を原産とする種類だけに、生命力溢れる温かみのある雰囲気はアジアン風のインテリアにおすすめです。

モンステラの特徴でもある深い切れ込みは、大きな葉に少しでも多くの日光を取り入れるため、成長するにつれて現れてきます。そのため、若い葉は切れ込みになりきる前の穴状の姿や、そもそも切れ込みや穴がない姿など、成長段階によってさまざまな表情を見せてくれるのもモンステラの魅力です。

2.クッカバラ

クッカバラ

クッカバラは熱帯アメリカや熱帯アジアを原産地とする観葉植物で、ワイルドな雰囲気が人気を集めています。

サトイモ科に属しており、ゴツゴツとした太い幹から何本もの細い幹を伸ばすのが特徴。葉には深い切れ込みが入っており、エキゾチックな雰囲気がアジアン風のインテリアと良く馴染みます。ボリューム感があることから、お部屋のシンボルツリーにもぴったりです。

熱帯地域で育つため暑さや乾燥には強いですが、日光が少ない環境では弱々しい株に育ってしまいます。また、寒い環境も苦手としているため、気温が低下してくる季節は屋内で育てるようにしましょう。

3.コンシンネ・レインボー

コンシンネレインボー

コンシンネ・レインボーは美しい赤い葉が特徴的な観葉植物です。

アジアン風のお部屋には暖色系のインテリアがよく使われますが、コンシンネ・レインボーはドラセナ属の中でも赤く鮮やかな葉色が特徴で、アジアン風の部屋作りとは相性が良い種類といえます。

放射状に伸びる葉は存在感がありエキゾチックな雰囲気を感じさせてくれることから、インテリアのアクセント役としてもおすすめです。

鮮やかな赤い葉色を保つには、日光の当たり具合に注意しましょう。明るさの少ない環境では色付きやツヤが悪く、元気のない株に育ってしまいます。直射日光ではなくても、窓の近くなど明るい環境を置き場所に選んであげましょう。

4.アレカヤシ

アレカヤシ

最後にご紹介するのが、アレカヤシです。

マダガスカルを原産とする観葉植物で、竹のような幹とボリューム感のある葉が特徴となっています。リゾート地を連想させる見た目はアジアン風のインテリアと相性が良く、室内をトロピカルな雰囲気に彩ってくれます。

アレカヤシを元気に育てるポイントは、温度と日当たりです。温暖な地域に生息するアレカヤシは、寒い環境を苦手としています。一日を通して、10℃を下回るようなら屋内の温かい場所に移動させてあげましょう。

また、日当たりの良い環境を好みますが、夏場の強い日差しはアレカヤシにとってダメージとなってしまいます。日差しが強い時間は場所を移動させるほか、レースのカーテンを一枚挟むなどして対策を講じてあげましょう。

エキゾチックなアジアン風のお部屋づくりには観葉植物がぴったり

リゾート感のあるアジアン風のインテリアは、おしゃれでリラックスした空間として人気が高いコーディネートです。観葉植物にはアジアンテイストに良く合う種類が多く、エキゾチックな雰囲気を演出するにはぴったりのアイテムでしょう。

観葉植物の専門店APEGOでは、豊富な種類の観葉植物を取り扱っています。商品はすべて写真現物の一点ものなので、掲載している商品をお手元までそのままお届けいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年2月1日  by apego

関連する記事