このエントリーをはてなブックマークに追加

思わず見とれてしまう葉の模様が素敵な観葉植物をご紹介

思わず見とれてしまう葉の模様が素敵な観葉植物をご紹介

観葉植物といえば鮮やかな緑色の葉を連想しますが、実は個性的な葉の模様をした種類が多く存在します。

どれも特徴的なインパクトある見た目をしており、お部屋の雰囲気を変えるだけでなく、インテリアのアクセント役にもぴったりです。

今回はAPEGOで過去販売した、葉の模様が素敵な観葉植物をピックアップしてご紹介します。

個性ある葉の模様が特徴的な観葉植物4選

観葉植物といえばみずみずしい緑色の葉が定番ですが、種類によっては葉に個性的な美しい模様が入り、独特の存在感で見る人の目を楽しませる品種も多く存在します。

なかにはアート作品のように模様が「映える」種類もあり、その美しさを発信したいと、愛好家がこぞってSNSに投稿するほどです。

では、葉の模様が素敵な観葉植物にはどんな種類があるのか、写真付きでご紹介していきましょう。

1.マランタ

マランタ

まずご紹介するのが、マランタです。

マランタは熱帯アメリカに自生する観葉植物で、芸術的ともいえる美しい葉の模様に目を引かれます。葉脈はピンクや淡いワインレッドの色合いをしており、葉もグラデーションのように濃淡があり一枚一枚違った表情を持っています。まるで現代アートを眺めるような感動を覚える方も多いのではないでしょうか。

マランタ アップ

水を好むため、土が乾いたタイミングでたっぷり水やりをしてあげてください。また、日当たりの良い環境を好みますが、直射日光や夏場の日差しのように強い刺激を受けると、葉が丸まって色付きも悪くなります。置き場所を選ぶ際は半日陰や、レースカーテンを一枚挟むなどすると元気に育ってくれるでしょう。

冬の寒さは苦手なので、気温が低下してきたら屋内に移動させて越冬させてください。

2.マランタ・ケルコビアナ

マランタ ケルコビアナ

続いてご紹介するのが、マランタ・ケルコビアナです。

マランタの仲間のケルコビアナは、緑色の葉に斑点のような模様が入るのが特徴です。模様をよく観察してみると、葉によってそれぞれ違いがあり、黒っぽいものからやや赤みがかったものまで、多様なバリエーションが揃っています。細かく白い斑(ふ)が入っているのも、見逃せないポイントでしょう。

マランタ ケルコビアナ アップ

育て方はマランタとほぼ同じで、土が乾燥したタイミングで水を与えてください。定期的に葉水すると、葉の模様がいっそう綺麗に目立ち、乾燥や害虫の発生を予防する効果も期待できます。

優しげな雰囲気の中にもどこか芯の強さを感じさせ、お部屋のインテリアの中で存在感を発揮してくれるでしょう。

3.ベゴニア・マクラータ

ベゴニアマクラータ

今回ご紹介する観葉植物の中でも、ひと際個性的な模様をしているのがベゴニア・マクラータです。

ベゴニアはブラジルを原産とする観葉植物で、原種だけでも2,000種以上確認されています。マクラータはその中でも白い水玉模様が入る珍しい種類で、やや毒々しい雰囲気がかえってクセになるという愛好家も少なくありません。

ベゴニア マクラータ

インパクトのある白い水玉模様だけでなく、葉の色合いも注目ポイントです。若い葉はやや黄色がかった色合いをしていますが、成長するにつれて深い緑色に変化します。さらに、葉の裏側は赤い色をしており、この一種類の中に個性ある魅力がぎっしり詰まっています。

マクラータはベゴニアの種類の中でも丈夫なことで知られていますが、直射日光を苦手としているため、置き場所は半日陰やカーテン越しの場所がおすすめです。水は土が乾燥したタイミングで与えてあげるようにしてください。また、寒さには弱い性質を持っているため、冬場は日中を通して10℃を下回るようなら屋内に移動してあげましょう。

4.アグラオネマ

アグラオネマ

最後にご紹介するのが、アグラオネマです。

やや細長い楕円形の葉に白や銀の美しい模様が入り、幻想的な雰囲気を漂わせています。また、写真でご紹介している株は茎の部分がフラミンゴのような淡いピンク色をしており、優しげな印象で空間を包み込んでくれます。

アグラオネマ アップ

アグラオネマはインドや東南アジアを原産としており、葉の模様や茎の色合いが違うさまざまな種類が存在します。同じ名前でも、その見た目の個性が大きく違っていることから、自分好みの株を探すのも楽しみ方の一つでしょう。

水が好きな観葉植物なので、土が乾燥したタイミングでたっぷり水やりをしてください。ただ頻繁に与えすぎると根腐れの原因となるため、土の状態を観察しつつメリハリをつけるのがポイントです。耐陰性が強い種類ですが、定期的に日光欲をさせることで葉の色つやが良く元気な株に育ちます。

一方で、寒さには弱い特徴を持っているので、日中を通して10℃を下回る冬場は屋内で育てるようにしましょう。

個性ある葉の模様でひと味違った観葉植物の楽しみ方を

観葉植物はみずみずしい緑色の葉が印象的ですが、品種によっては葉に個性的な模様が入る種類があります。なかには芸術的な雰囲気を感じさせてくれるアーティスティックな種類もあり、これまでとはひと味違う観葉植物の楽しみ方を提供してくれるでしょう。

APEGOでは定番の観葉植物から葉の模様が美しい珍しい種類まで、幅広い商品をご用意しています。商品はすべて一点ものなので、気に入っていただいた写真の現物をそのままお手元までお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年2月2日  by apego

関連する記事