このエントリーをはてなブックマークに追加

観葉植物に最適な土の配合比率

観葉植物に最適な土の配合比率

観葉植物の成長に必要な土。便利だからと市販されている土をそのまま使用すると、水はけが悪くなり、根腐れを起こすこともあります。観葉植物の種類に合った土を、配合して作ることはとても重要です。

なぜ土の配合が大事なのか?

植物の命の綱とも言える“根”。ほとんどの観葉植物は土に根をはり、水や空気、養分を吸収し、成長していきます。そして、土にしっかりと根をはることで、成長していく幹や枝を支えます。その大切な土を、観葉植物の種類に合ったものに整えることは、大変重要です。

植物の種類に合わせた土づくり

観葉植物は、それぞれ原産地も違い、好む土壌も違ってきます。そのため、「観葉植物用の土」とひとくくりになって市販されている用土では、合わない観葉植物も当然該当します。観葉植物の種類に合わない土での栽培は、観葉植物が枯れる原因になります。まずは、育てたい観葉植物にどんな特徴があるかを考えてみましょう。

「多くの水分を必要とするのか」、「乾燥を好むのか」、「育てる場所は室外か室内か」…など、条件によって土の配合も変わるので、参考にしてください。

観葉植物に最適な土とは

まず、観葉植物にとってよい土の条件は、「排水性」と「通気性」がよく、「保水性」と「保肥性」がよいことです。要は、水はけはよいが、水分を保つ力があるという、逆の性質を持つ土。この夢のような土は「団粒構造の土」と呼ばれています。

団粒構造の土

理想の土である「団粒構造の土」の特徴は、土と土の“すきま”が大きいこと。 “すきま”があると、空気がたくさん入り、水やりのたびに、新鮮な空気と入れ替わることができます。そして、“すきま”があることで、観葉植物はしっかりと根をのばすことができます。

また、塊の中にも粒子同士の“すきま”ができ、水分や養分を蓄えるスペースとなるので、保水性に優れた土になります。微生物も繁殖しやすい環境になるため、観葉植物はたくさんの栄養を吸収することができます。

観葉植物を育てる、基本の土の配合比率

団粒構造を維持するには、赤玉土と腐葉土が最適です。この2種類を配合した土が観葉植物に適した基本の用土となります。基本の用土の配合比率は、赤玉土6~7割、腐葉土3~4割。この配合比率で作った用土を基本として、それぞれの観葉植物の種類に合った土をプラスして応用していきます。

観葉植物の環境に合わせた配合比率

土は、観葉植物を育てる環境に合わせて、より適切な配合にしましょう。

室外用

  • 基本の用土8:バーキュライト2

室外の日当たりや風通しの良い場所では、土が乾燥しやすいので、保水性の高いバーキュライトをプラスします。

室内用

  • 基本の用土7:ピートモス3

室内では、虫やカビ対策として、無菌のピートモスが清潔なので適しています。

日陰用

  • 基本の用土8:軽石2

日当たりの悪い室内で育てると、土が乾きにくくなるので、通気性をよくする必要があります。軽石をブレンドすると、隙間が増え、根の状態がよくなります。

ハンキングバスケット用

  • 基本の用土7:パーライト3

吊り下げ式の鉢で育てる場合は、なるべく鉢が重くならないように、軽いパーライトを混ぜます。

観葉植物の特徴に合った土で育てよう

観葉植物をいつまでも元気に育てるには、種類や環境に合わせて配合した土が重要です。土の配合と聞くと、素人には難しいように思えますが、紹介した方法で挑戦すると案外簡単にできます。最適な配合土で育て、後々のトラブルを防ぎましょう。

APEGOは季節ごとの管理法を記載しているカードを同封しているので、購入後も安心して観葉植物を育てていただけます。

>> 新入荷の観葉植物はこちらから!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月15日  by apego-press

関連する記事