このエントリーをはてなブックマークに追加

水耕栽培しやすい観葉植物の種類や水耕栽培の手順を解説!

水耕栽培しやすい観葉植物の種類や水耕栽培の手順を解説!

土を使わず水を使って植物を育てる方法を、水耕栽培といいます。観葉植物でも水耕栽培は人気で、土を使わない手軽さや見た目のおしゃれさなどから人気の高い栽培方法です。

そこで今回は、観葉植物の中でも水耕栽培におすすめの種類を3つご紹介します。栽培の手順についても解説していますので、水耕栽培に挑戦する方はぜひ参考にしてください。

観葉植物の水耕栽培とは?

水耕栽培
水耕栽培とは、土の代わりに水を使用して植物を育てる栽培方法のことです。

土を使った栽培方法では、土に含まれる栄養分や肥料を元に成長します。一方の水耕栽培では、水耕栽培専用の肥料や液体肥料を水に混ぜることで、植物が成長する環境を人工的に作ってあげます。

例えば、ヒヤシンスやチューリップのような球根植物を水耕栽培用のポットに置いて育てる方法はよく知られています。観葉植物でも水耕栽培ができる種類は多く、手軽に植物を育てられる点や、見た目のおしゃれさから人気の栽培方法の1つに数えられています。

土を使わない手軽さや成長を観察できるのが魅力

水耕栽培
観葉植物の水耕栽培が人気を集める理由として、土を使わない手軽さがあげられます。

観葉植物を元気に育てるには、土づくりがとても重要なポイントです。水はけや肥料の割合など、初心者からするとハードルが高い作業といえます。市販の株をそのまま育てる方法もありますが、植物が成長すれば根腐れを避けるために植え替えが必要となってくるでしょう。

その点水耕栽培であれば、水の管理さえ丁寧におこなえば土づくりの手間がかからないため、手軽に観葉植物を育てることができます。

また、土に含まれる有機物に集まる害虫を予防できる点も水耕栽培の魅力。その他にも、水中で根が伸びる姿を観察できる点や、涼し気でおしゃれな雰囲気がインテリアアイテムとして人気を集めています。

水耕栽培におすすめの観葉植物と栽培の手順をご紹介

では、観葉植物の中でも水耕栽培におすすめな種類をご紹介します。

それぞれの種類ごとに、水耕栽培の手順についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

1.アイビー

アイビー
アイビーはヨーロッパや北アフリカ、西アジアなど広い地域に分布する観葉植物です。

ツル状に伸びる性質を持っており、小さな葉が並ぶようにして成長する姿はとてもキュート。丈夫で元気に育つため、水耕栽培にも適しています。

【育て方】

アイビーを水耕栽培で育てるなら、生育期の4~9月に行うのがおすすめです。水耕栽培をするには、アイビーを茎の部分から剪定する必要がありますが、生育期以外の剪定は植物にとって大きなダメージとなります。ダメージを最小限に抑え、水耕栽培で元気に育てるためにも、この時期を選ぶようにしましょう。

水耕栽培をする際は、まず15cm以上の長さが残るように茎をカットします。次に葉っぱを剪定しますが、このとき葉の上部分だけを残すようにしてください。水に浸かる部分に葉が残ると、葉が腐ってしまい水質が悪化する原因になります。

次に、あらかじめ用意しておいた栽培容器に水を張り、カットしたアイビーを挿してあげましょう。水には水耕栽培専用の肥料や液体肥料を混ぜてあげます。

置き場所は直射日光の当たらない明るい場所を選んであげましょう。10日~2週間程度で根が生えますが、水は清潔な状態を保つため1日1回は交換してください。

2.パキラ

パキラ
パキラはメキシコから中南米を原産とする品種で、観葉植物の中でもポピュラーな種類として知られています。人が手を広げたような5枚一組の葉が特徴で、青々とした葉っぱの美しさや、しなやかな幹の樹形が人気を集めています。

【育て方】

水耕栽培をする時期は、植物を剪定する際のダメージを最小限に抑えるために5~7月頃の成長期が適しています。15cm以上成長した幹を選び、できるだけ根元部分から剪定します。

この際に、余分な葉や枝は落としておきましょう。これはできるだけパキラの幹の部分に水分や栄養を集めてあげるためで、水耕栽培で元気に育てるための工夫です。水耕栽培専用の肥料や液体肥料を混ぜた水で栽培し、置き場所は直射日光が当たらない明るい環境を選びます。

水はできるだけ清潔な状態に保ち最低でも3日に1回、夏場で温度が高い時期は1日1回は交換するようにしましょう。

3.ガジュマル

ガジュマル
ガジュマルは、沖縄をはじめ東南アジアなどの幅広い地域に分布する観葉植物です。

たくましい幹と濃い緑色をした葉の組み合わせは強い生命力を感じさせ、お部屋のインテリアとして存在感を発揮してくれます。

【育て方】

丈夫で元気に育つ性質があるため、水耕栽培で育てる愛好家も少なくありません。手のひらサイズのガジュマルであれば、鉢から取り出し土を丁寧に洗い流してから、そのまま水耕栽培で育てることができます。

株が安定しない場合は、ハイドロボールと呼ばれる人工の土を使用しましょう。植え替えの要領でガジュマルをハイドロボールの鉢へ移し替え、容器の5分の1程度まで水を入れてあげれば大丈夫です。

一点注意したいのが、鉢から取り出して水洗いする際に、根を傷つけてしまった場合。このときは株への負担を減らすため、液体肥料を混ぜずに清潔な水だけで様子をみます。順調に根が伸びてきたら、液体肥料を与えても大丈夫です。

また、水挿しで育てる場合は、5~7月の成長期を選びます。15cm以上の長さが保てる枝を選び、根元部分から剪定しましょう。余分な葉をできるだけ落として、水分や栄養分が幹に集まりやすくなるようにしてあげます。

水換えは最低でも3日に1回、夏場で温度が高い時期は1日1回は交換するようにしましょう。

清潔な環境を保てば観葉植物は水耕栽培でも元気に育つ

今回は、水耕栽培しやすい観葉植物の種類と栽培の手順についてご紹介しました。

水耕栽培は土を使わない手軽さや、根の成長を観察できるおしゃれさなど、鉢植えとは違った楽しみ方を提供してくれます。水換えをしっかりおこない清潔な状態を保てば、観葉植物は水耕栽培でも元気に育つので、ぜひ挑戦してみてください。

APEGOでは、今回ご紹介した種類はもちろん、豊富な種類の観葉植物をご用意しています。じっくりサイトをご覧になりながら、これぞ!というお気に入りの商品をお選びください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年2月27日  by apego

関連する記事