このエントリーをはてなブックマークに追加

モンステラの育て方

一度見たら忘れられない個性的な葉をもつ植物モンステラは、その名前は知らなくてもみんなが知っている1番有名な観葉植物といってもよいでしょう。暑さに強く室内でも丈夫に育つので、初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

モンステラの育て方について注意したいポイント4つをご紹介するので、参考にしてみてください。

>> モンステラの商品一覧はこちら!

モンステラの育て方1.管理方法

モンステラを適切に管理すれば、より元気に長く育てられます。

温度調整

熱帯地域のジャングルに分布しているだけあって、暑さには強いですが、寒さには弱いので、5度以下にならない場所で管理してください。秋になって外の気温が15度を下回りだしたら、戸外へ出しているモンステラを室内へ入れて管理し、寒い冬の間は戸外に出さないように注意してください。

日当たり・置き場所

  • 春~秋 室内の明るい日陰。戸外の半日陰か明るい日陰
  • 冬    室内の明るい日陰(最低温度5度以上)

モンステラは強い直射日光に当たると、葉焼けによる変色などを起こして痛んでしまいますので、注意してください。暗い場所でも枯れにくいですが、あまり暗いと間延びして貧弱に育つので、室内の日当たりの良いカーテン越しの窓辺などに置くのが良いでしょう。

モンステラの育て方2.基本的な水やり方法

モンステラへの水やりの基本は、土の表面が乾いたら、鉢底から水が出るくらいたっぷり与えることです。鉢皿に水を溜めたままにしてはいけません。

また、葉が乾燥して枯れないように、時々霧吹きなどで葉水も与えるようにしましょう。葉っぱの裏にも水をかけるようにすると、病害虫などの予防にもなります。季節による水やりのポイントに気を付けながら、お水をあげましょう。

夏の水やり

モンステラは乾燥に強い植物ですが、水分を好みます。夏は生育期で水をぐんぐん吸い上げますし、鉢土もよく乾くので、土の乾き具合を見ながら、毎日水やりをしてください(土の表面が湿っているようでしたら、水は控えてください)。

春と秋の水やり

鉢土の表面が白っぽく乾いて、触っても湿った感じがしなければ、多めに水を与えましょう。

冬の水やり

鉢土は乾燥ぎみがいいので、表面が乾いて2~3日経過してから水を与えるようにします。

水のやり過ぎは根腐れの原因となりますので、注意してください。

モンステラの育て方3.最適な植え替え時期

育ちすぎると、つる状に伸びて鉢とのバランスが悪くなったり、鉢底から根が出たりするので、根詰まりぎみになったら植え替え時期です。鉢底の様子を見ながら、2、3年に1回を目安に、5月~7月頃に行うのがいいでしょう。

モンステラの育て方4.肥料の与え方

生育期である5月~9月の時期に、2ヶ月に1回の間隔で緩効性化成肥料を与えます。冬は肥料は与えません。肥料を与えすぎるとその分大きく育つので、あまり大きくさせたくない場合は、肥料は控えめにしたほうがいいでしょう。

暑さにも日陰にも強く育てやすいモンステラ

大きな切れ込みや穴があいた葉が魅力のモンステラは、モダンな部屋にもアジアンな部屋にも相性がよくて、インテリア性抜群の観葉植物です。日陰にも割りと強く、丈夫で育てやすいモンステラは、初心者の方にもおすすめです。

APEGOでは豊富なサイズ展開で、お客様のお部屋にぴったりのモンステラが見つかるはずです。APEGOのモンステラを一度ご覧になってください。

>> モンステラの商品一覧はこちら!

モンステラの商品一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年1月28日  by apego-press

APEGO 関連商品

関連する記事