このエントリーをはてなブックマークに追加

お手入れのときは注意して!ゴムの木・樹液の取扱い

お手入れのときは注意して!ゴムの木・樹液の取扱い

白い樹液が特徴のゴムの木ですが、実はこの樹液、取り扱いには注意が必要です。衣服、床の汚れや、皮膚のかぶれに繋がることも。今回はゴムの木の樹液の注意点と対処法についてご紹介します。

>>ゴムの木の育て方特集をチェック!

ゴムの木の樹液には注意が必要

ゴムの木の樹液は、名前のとおり天然ゴムの原料となることで知られています。白い樹液を加工することでゴムが作られますが、直接手で触ると皮膚がかぶれるなどの症状を引き起こしてしまいます。

また、衣類やカーペットについてしまうと染みの原因にもなってしまいます。では、具体的にどんな対処法があるのか見ていきましょう。

ゴムアレルギーの方は特に注意

ゴムの木の樹液は、ラテックスなどの原料として使われています。ラテックスアレルギーなどのアレルギー体質の人が触れると、皮膚がかぶれるなどの症状を引き起こしてしまいます。

樹液が皮膚に付いたときは、水で洗い流すなどするとよいでしょう。症状がひどい場合は、専門医に相談するなどして対処しましょう。

剪定時には軍手やゴム手袋をつける

手に樹液がついてしまうことが多いのが剪定時です。ゴムの木の樹液は、枝の断面から流れ出てくるため、剪定作業中に気付かず樹液に触れてしまうことがあります。

また、折れてしまった枝を何気なく素手で取り除くときも注意が必要です。このように直接枝に触れる場面では、軍手やゴム手袋をつけて作業するのがおすすめ。ゴムの木の樹液から手を守ってくれます。長袖の衣服を身に着けると、腕の部分までカバーできるのでより安心です。

衣服や床が汚れないように注意

樹液から皮膚を守ってくれる衣服ですが、ゴムの木の樹液は衣服につくとシミになり、とれなくなってしまいます。同様に、カーペットやタイルなども樹液の付着に注意したい箇所です。それぞれ対処法を見ていきしょう。

汚れていい衣服を選ぶ

一番の対処法は、ゴムの木の剪定時には汚れていい服を着て作業すること。お気に入りの服に樹液でシミがついてしまわないよう、予め服を着替えておきましょう。

着替える手間や時間の余裕がない場合は、エプロンがおすすめ。さっと着ることができ、体全面を守ってくれます。普段から剪定用に用意しておくと便利です。

もちろん、その際はエプロンがカバーしきれない腕の部分に十分注意して作業をしましょう。

床は新聞紙などで対処

ゴムの木の樹液は枝の切り口などから流れ出るように垂れてきます。そのため気付いたら「床に樹液が!」なんてことも。樹液が垂れることが予想される部分には、剪定前などに新聞紙などでカバーしておきましょう。

また、ゴムの木の樹液は時間が経つと固まってしまう性質をもっています。タイルなどの表面で固まってしまうと、なかなか取り除くことができません。このようなときは、石油など揮発性の高い油を使うと、固まった樹液を溶かして取り除くことができます。

きちんと対処して元気なゴムの木に

ゴムの木の樹液に注意は必要ですが、だからといって剪定など手入れをしてあげないと木の成長を妨げてしまいます。樹液にさえ注意すれば、もともと手入れの簡単な植物です。きちんと対処法を知って、元気な状態にしてあげてください。

手入れの簡単なゴムの木をご自宅に

観葉植物として人気の高いゴムの木。樹液の取扱いにさえ注意すれば、手入れも簡単なおすすめの植物です。お部屋のインテリアにはもちろん、記念の贈り物にも喜ばれます。

APEGOでは植物のご紹介だけでなく、育て方やお手入れ方法もご紹介しています。ぜひ一度ごらんください。

>>ゴムの木 | 商品一覧はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月15日  by apego-press

APEGO 関連商品

関連する記事