このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者におすすめの育てやすい観葉植物とは?

初心者におすすめの育てやすい観葉植物とは?

「初心者でも育てやすい観葉植物ってあるの?」

これから観葉植物に挑戦してみたいと思っている方々にとって、観物の育てやすさはとても気になるポイントではないでしょうか。

そこで今回は、初心者でも育てやすい観葉植物のポイントや、おすすめの植物の種類についてご紹介します。初めて観葉植物に挑戦する方は、ぜひ参考にしてください。

初心者が押さえておきたい観葉植物選びのポイント

ひとくちに観葉植物といっても、実に多彩な品種が取り扱われています。最近ではネットを通じて気軽に手に入れることができますが、品種によって耐寒性や乾燥耐性などの特徴も実にさまざま。そのすべてが育てやすい品種とは限りません。

そこで、まずは生育環境の条件から観葉植物を選んでみましょう。例えば、

  • 耐寒性に優れている
  • 日陰でも生育できる
  • 水やりが不足しても枯れにくい
  • お手入れがラク

といったポイントが挙げられます。あらかじめ自宅の生育環境と相性の良い種類を選んでおけば、初心者でも上手に育てることができます。

では、詳しいポイントを見ていくことにしましょう。

ポイント1.部屋の明るさや日当たり

観葉植物 日当たり
1つ目は、部屋の明るさや日当たりです。

観葉植物を含め光合成を行う植物にとって、光はとても重要です。育てやすい品種を選定するために、生育場所の明るさや日当たり具合を把握しておきましょう。

「日中は遮光性の強いカーテンで暗く閉ざされている」といった環境では、せっかく育てやすい品種を選んでも元気に育ってくれません。観葉植物も生き物ですので、最低限の明るさは確保できるよう心がけてみましょう。

また、品種や環境によっては冬場に日光にあてるための移動が必要になることも考慮しておきましょう。大きく重い鉢を選んでしまった場合には、後々移動が大変になるかもしれないので、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

ポイント2.部屋の広さや高さ

観葉植物 スペース
2つ目は、部屋の広さや天井の高さです。

育てやすい品種の選定にあたって、観葉植物が占有できるスペースを事前に把握しておくとよいでしょう。とくに室内における育成範囲となると限りがあります。

品種の選定を失敗してしまった場合、成長過程で天井や壁に届いてしまったり、植え替える必要に迫られるかもしれません。将来このようなことで困ることのないよう、生育場所に見合った育てやすい大きさの品種を選びましょう。

ポイント3.部屋の室温や気温

観葉植物 室温
生育環境のポイントとして、部屋の室温と品種が好む気温を把握しておくことも大切です。

観葉植物の多くは南方原産のため、決して寒さに強いわけではありません。育てやすい品種を選定するために、一年を通じて何度以上が保てる環境であるかを把握しておきましょう(例えば最低でも5℃以上など)。

また、昼夜の温度変化があまりに大きいと生育に影響するため、注意が必要です。例えば、人の出入りのある場所は、無い場所と比較して温度変化が少ないため、生育場所として選ぶと良いでしょう。

ポイント4.お手入れの手間や頻度

観葉植物 水やり
お手入れにかかる手間や、頻度についても確認しておきましょう。

観葉植物の育成には、水やり、温度管理、時には日光にあてるための移動など少なからずお世話が必要になります。観葉植物は生き物ですので、たとえどんな品種を選んだとしてもメンテナンスフリーというわけにはいきません。

育てやすい品種を選定するためにも、観葉植物の世話やお手入れにどの程度の手間がかけられるかを考えておきましょう。普段の生活へ支障をきたすこと無く、無理のない範囲でどの程度のお世話ができるか想定しておきましょう。

初心者でも育てやすいおすすめの観葉植物8選

ここからは、初心者でも育てやすいおすすめの観葉植物をご紹介します。自宅の生育環境と見比べながら、ぴったりの品種を選んでみましょう。

1.モンステラ

モンステラ

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面がカラカラに乾いたら
日当たり 日当たりの良い環境を好む
最低温度 5℃以下
ワンポイント 葉の乾燥を防ぐため葉水をするのが◎

まずご紹介するのが、モンステラです。

大きな葉っぱに入った深い切れ込みが特徴の観葉植物で、南国感溢れるトロピカルテイストな見た目は、自然の魅力を存分に楽しむことができます。

日陰で丈夫に育つ耐陰性に優れており、室内でも育てることが可能。水やりは土の表面が乾いたタイミングで与え、冬場は根腐れを起こさないよう水やりの頻度を少なくします。

葉っぱが大きく成長することから、ややスペースの広い空間に置いてあげるのがおすすめです。

>> モンステラの商品一覧はコチラ

2.ウンベラータ

ウンベラータの画像

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面がカラカラに乾いたら
日当たり 日当たりの良い環境を好む
最低温度 8℃以下
ワンポイント 日当たりが悪いと葉のツヤが悪くなるので注意

観葉植物の定番としてお馴染みの品種がウンベラータです。

ハート形の葉っぱはとくに人気が高く、お部屋の雰囲気を明るく彩ってくれます。個性ある幹の曲がりも注目ポイントの1つ。成長すると樹高が高くなることから、天井までのスペースを意識して置き場所を決めてみましょう。

丈夫で成長スピードも早いことから、初心者でも上手に育てることができる観葉植物です。

>> ウンベラータの商品一覧はコチラ

3.ドラセナ

ドラセナの画像

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面がカラカラに乾いたら
日当たり 耐陰性もあるため半日陰でも大丈夫
最低温度 10℃以下
ワンポイント 光線不足は色づきが悪くなるため定期的に日光浴を

鋭く尖った葉っぱの形状がスタイリッシュなドラセナも、初心者におすすめの観葉植物です。

ドラセナと名付けられた数多くの品種があることで知らており、葉っぱの色付きやサイズも豊富なことから、お部屋のインテリアに合わせて好みの種類を選ぶことができます。

また、耐陰性に優れているので、比較的日当たりの悪い場所でも元気に育てられる点も魅力の1つです。

>> ドラセナの商品一覧はコチラ

4.サンスベリア

サンスベリア

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面がカラカラに乾いたら
日当たり 日当たりのよい環境を好む
最低温度 5℃以下
ワンポイント 冬場は水を与えず休眠状態にする

剣のような縦長の形状が個性的なサンスベリア。

長く伸びる形状と葉っぱの縞模様から、「トラノオ(虎の尾)」という別名でも知られています。乾燥に強い特徴から、水やりは土の表面が乾いたタイミングで与えればOK。一方で、日当たりの良い環境を好むことから、できるだけ明るい窓際に置いてあげるとよいでしょう。

縦長の形状から横幅のスペースが限られた空間に置くことができる点も魅力の1つ。マイナスイオンを発生させることでも知られており、お部屋の空気清浄効果も期待できるでしょう。

>> サンスベリアの商品一覧はコチラ

5.ゴムの木

ゴムの木

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面がカラカラに乾いたら
日当たり 日当たりのよい環境を好む
最低温度 5℃以下
ワンポイント 冬は寒さに弱いため屋内に移動する

ツヤツヤとして楕円形の葉っぱが特徴的なゴムの木。

種類が豊富なことで知られており、ゴムの仲間であるフィカス属には約800種が存在し、インドやミャンマーといった熱帯・温帯地域に分布しています。種類ごとに葉の色づきや模様に違いがあり、インテリアや好みにあわせて種類を選べるのもゴムの木の魅力です。

日当たりの良い環境で育てると、葉にツヤや厚みが出て元気に成長します。また、温暖な地域に分布しているため暑さに強いのが特徴。一方で冬の寒さには弱い種類も多いことから、一日を通して気温が5℃を下回るようなら、屋内に移動してあげあしょう。

>> ゴムの木の商品一覧はコチラ

6.エバーフレッシュ

エバーフレッシュ

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと
日当たり 耐陰性もあるため室内や半日陰も可
最低温度 5℃以下
ワンポイント 日中でも葉が閉じてしまうのは水不足のサイン

小さな葉が集まり、涼しげな印象を与えてくれるエバーフレッシュ。

しなやかな樹形はインテリア性も高く、お部屋やお店におしゃれなアクセントを加えてくれます。とくに、夜になると葉を閉じて眠る「就眠運動」は、エバーフレッシュの特徴の1つ。時間帯によって違った表情を見せてくれるのも魅力的です。

初心者でも育てやすい観葉植物で耐陰性が強いことから室内でも育てることができます。定期的に日光浴をさせると、さらに成長が良くなるでしょう。水が好きな植物なので、春から夏にかけての成長期は土の表面が乾いたらすぐに水を与えてあげてください。日中でも葉を閉じている場合は、水不足のサインです。土や葉の状態をよく観察して、元気な状態を保ってあげましょう。

>> エバーフレッシュの
商品一覧はコチラ

7.パキラ

パキラの画像

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面が乾いたら
日当たり 耐陰性もあるため室内や半日陰も可
最低温度 5℃以下
ワンポイント 直射日光は葉焼けの原因になるため注意

メキシコや中南米を原産地とするパキラも、初心者におすすめの観葉植物です。

人が手を広げたような五枚組の葉が特徴で、葉脈が美しい楕円形の葉っぱは青々とした鮮やかな印象を与えてくれます。成長が早く新芽が次々とあらわれるため、大ぶりな鉢に植え替えるなどすれば、枝をぐんぐんと伸ばしてボリューム感ある姿を楽しめるでしょう。

暖かく日当たりの良い環境を好みますが、直射日光は葉焼けの原因ともなるため避けるようにしましょう。水は土の表面が乾いたタイミングでたっぷり与えてあげてください。冬場は成長が鈍くなるため、徐々に水やりの頻度を減らし、葉水をするなどしてケアするとよいでしょう。

>> パキラの商品一覧はコチラ

8.ベンジャミンバロック

お手入れ方法 詳細
水やり 土の表面が乾いたら
日当たり 日当たりのよい環境を好む
最低温度 10℃以下
ワンポイント カールした葉の裏側は葉水でケアを

クルクルとカールした可愛らしい葉っぱの形状が特徴のベンジャミンバロック。ツヤのある葉っぱはみずみずしい印象を与え、遠目に見ると小さな果実が実っているようにも感じられます。

丈夫に育つ観葉植物として知られており、日当たりのよい環境を好みます。強い直射日光が当たらない環境なら、できるだけ日当たりのよい場所に置いてあげましょう。水やりは土の表面が乾いたタイミングで与えてください。カールした葉の裏側は害虫や病気が発生しやすいため、霧吹きなどでケアしてあげると良いでしょう。

>> ベンジャミンバロックの
商品一覧はコチラ

育てやすい観葉植物を探してみよう

観葉植物を上手に育てるには、あらかじめ自宅の生育環境と相性の良い種類を選んでおくのがおすすめです。日当たりやスペース、室温などを確認して、お部屋の特徴にあった品種を選んでおけば、初心者でも元気に育てることができるでしょう。

APEGOでは、はじめての方にもオススメな育てやすい観葉植物をご用意しております。すべて1点ものでのお取り扱いなので、写真現物そのままをご自宅までお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年6月18日  by apego-press