このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしにピッタリの観葉植物の選び方とおすすめの種類

一人暮らしにピッタリの観葉植物の選び方とおすすめの種類

一人暮らしのお部屋に彩りや癒しを加えたいなら、観葉植物はいかがでしょうか?

観葉植物は明るい色合いと個性ある形状からインテリア性も高く、一人暮らしのお部屋に新しい魅力をもたらしてくれます。

今回は、一人暮らしのお部屋にぴったりの観葉植物についてご紹介。植物の選び方や、おすすめの種類まで、気になる情報をまとめてチェックしていきましょう。

一人暮らし向けの観葉植物の選び方3つのポイント

一人暮らし 観葉植物
観葉植物にはさまざまな種類がありますが、一人暮らしに最適な観葉植物を選ぶ際には押さえておきたいポイントがあります。

まずは、このポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント1.水やりや手入れの手間を確認しておく

選び方のポイント1つ目は、水やりや手入れの手間について確認しておくということ。

一人暮らしの生活は何かと忙しく、ついつい植物の手入れを忘れてしまうことがあります。こまめに水やりや手入れができる人は大丈夫ですが、「仕事や学業に追われなかなか手が行き届かない…」という方も少なくありません。

そこで、まずは購入する観葉植物の水やりや手入れの手間について、事前に確認しておきましょう。「丈夫な種類」や「水やりの頻度が少ない種類」など、自分のライフスタイルなどと照らし合わせながら、一人暮らしの生活と相性の良い植物を選んでみましょう。

ポイント2.観葉植物のサイズやインテリアとの相性

2つ目のポイントは、観葉植物のサイズやインテリアとの相性を確認しておくということ。

観葉植物をお部屋に置く際は、植物のサイズをあらかじめ確認しておくことが大切です。とくに一人暮らしの部屋に大き過ぎる植物を置くと圧迫感があり、部屋が狭く感じてしまいます。あらかじめ置く場所のスペースを測り、植物のサイズと照らし合わせてみると、イメージしやすいでしょう。

また、室内のインテリアのイメージや雰囲気との兼ね合いもポイントです。観葉植物にもアジアンテイストなものから南国風のものまで、種類によって見た目の印象もバラエティがあります。お部屋の雰囲気との相性も考えながら、ぴったりの観葉植物を選んでみましょう。

ポイント3.お部屋の日当たり

3つ目のポイントは、お部屋の日当たりです。

一人暮らしの部屋、とくにワンルームなどでは窓の数が限られ、日当たりの良い場所を確保できない場合があります。観葉植物は基本的に日当たりの良い場所を好みますが、種類よっては「耐陰性」といって、日陰でも丈夫に育ちやすい性質のものも少なくありません。

一人暮らしの部屋で日当たりの良い場所が確保できない場合は、こうした耐陰性がある植物を選んでおくと、元気に育ってくれるでしょう。どうしても耐陰性がない種類を選ぶ際は、定期的にベランダや窓際に置いて日光浴をさせるなどして育ててあげましょう。

一人暮らしにおすすめの観葉植物4選

では、一人暮らしの方におすすめの観葉植物には、どのような種類があるのでしょうか?

1.ドラセナ

ドラセナの画像
まずご紹介するのは、ドラセナです。

独特の樹形と鋭い葉っぱの形状がスタイリッシュなドラセナですが、耐陰性が強い種類として知られており、日当たりのよくない場所でも比較的元気に育てることができます。定期的にベランダなどで日光浴をさせると、より生き生きとした姿を見せてくれるでしょう。

また、縦長に育つ特徴があることから、スペースが限られる一人暮らしのお部屋にもおすすめです。

>>ドラセナの商品一覧はこちら

2.モンステラ

モンステラ
大柄なハート形の葉っぱに、深い切れ込みの入ったモンステラも一人暮らしにおすすめの観葉植物です。

エキゾチックな雰囲気を感じさせる見た目はインテリア性も高く、濃い緑色がお部屋にみずみずしさを与えてくれます。

耐陰性が強く育てやすい種類なので、初心者の方でも安心です。

>>モンステラの商品一覧はこちら

3.サンスベリア

サンスベリア
剣状の縦長の見た目が特徴的なサンスベリア。

インテリア性の高い観葉植物として人気が高く、おしゃれな観葉植物の代表格として知られています。乾燥に強い特徴があることから、水やりの頻度が少なく済み、比較的手入れの手間がかからない種類です。

また、マイナスイオンを発生させる植物としても有名で、一人暮らしのお部屋の空気を清潔に保つ効果も期待できるでしょう。

>>サンスベリアの商品一覧はこちら

4.多肉植物

多肉植物の画像
最後にご紹介するのが、多肉植物です。

肉厚のぽってりとした葉っぱや個性的な形状で人気の高い多肉植物ですが、丈夫で育てやすい種類として知られています。

サイズ感も小ぶりのものが多く、テーブルや机の上に置いても気にならないので、一人暮らしのお部屋でも手軽に育てることができるでしょう。

>>多肉植物の商品一覧はこちら

まとめ

今回は一人暮らしにピッタリの観葉植物の選び方と、おすすめの種類をご紹介しました。

観葉植物は空間をおしゃれに彩るインテリアアイテムとしてはもちろん、お部屋の雰囲気を明るく保ち、癒しを与えてくれる効果も期待できます。

APEGOでは、すべて写真現物の一点ものを取り扱っているので、お気に入りの植物をご自宅に直接お届け致します。あなたのお部屋に癒しを与える観葉植物を、ぜひAPEGOでお探しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年5月12日  by apego-press

関連する記事