このエントリーをはてなブックマークに追加

観葉植物に直射日光はNGって本当?

観葉植物を育てる上で日当たりはとても重要なポイントですが、「観葉植物には直射日光はNG」という声も耳にします。これは本当なのでしょうか?

今回は、観葉植物と直射日光の関係性や覚えておきたいポイントについて解説します。直射日光を当ててよいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

観葉植物に直射日光を当てるときは適切な環境を意識しよう

ガジュマル
まず結論から述べると、観葉植物に直射日光を当てることはNGではありません。植物にとって日光は欠かすことができない要素で、直射日光を当てることで成長を促すことができます。

しかし、直射日光を当てるタイミングや時間には気を配るようにしましょう。長時間の直射日光や夏場の強い日差しは、観葉植物にダメージを与えてしまい、葉焼けの原因になってしまいます。

適切な環境で日光浴をさせてあげることで、観葉植物を元気に育ててあげましょう。

そもそもなぜ日光が必要なのか?

素朴な疑問になりますが、そもそもなぜ観葉植物には日光が必要なのでしょうか。

植物は根から吸い上げた水と、空気中の二酸化炭素を材料にして、日光のデンプンと酸素を生み出します。いわゆる「光合成」のことですが、この光合成の際に作られるデンプンは、植物にとっての栄養源になっています。

日光に当たることができず光合成ができないと、栄養源を作ることができず、成長が鈍くなってしまいます。これが植物に日光が必要な理由です。

例えば、観葉植物の一部分だけが長く伸びてしまう「徒長」という現象があります。徒長の原因は日光不足にあり、植物が日光が当たる場所を探そうと必死に伸びようとすることで発生します。

植物が日光を必要としている分かりやすい例といえるのではないでしょうか。

直射日光を当てるときに注意点やポイント


さて、観葉植物の成長に日光は必要とご紹介しましたが、直射日光を当てるときは株にダメージを与えないための注意点やポイントを押さえておきましょう。

1.夏場や日差しの厳しい季節は避ける

直射日光を当てるときにもっとも注意したいのが、夏場や日差しが厳しい季節の直射日光です。

夏の日差しは人間でも日焼けしてしまいますが、それは観葉植物も同じ。強すぎる直射日光に長く当たっていると、葉焼けの原因となり株に大きなダメージを与えてしまいます。夏場の日中は日に当てるのを避け、早朝や夕方の比較的涼しい時間帯を選んであげましょう。

また、屋内で育てている際は、レースのカーテンを挟んであげたり、窓から少し距離を取るなどしてあげながら調節しましょう。

2.冬場は気温の変化に注意

冬場に屋外で直射日光に当てる場合は、温度の変化に気をつけましょう。温かい時間帯を選んで日光浴させてあげるのは良いのですが、気温が下がる夕方や夜間にそのまま屋外に出しておくと、気温の激しい上下動に植物が付いていけず、ダメージを受けてしまいます。

冬場に外で育てる場合は、気温の変化を確認しながら、株へのダメージを抑えるようにしましょう。

3.室内から屋外への移動は慎重に

普段室内で育てている観葉植物を屋外に移動する際は慎重に行いましょう。

室内は日の当たり具合や室温の変化が小さく、植物はこうした環境に慣れてしまっています。いきなり屋外の強い直射日光や温かい環境に出されると、変化に対応できず葉焼けを起こしてしまいます。

普段室内で育てている観葉植物は、少しずつ光の強さに慣らしていくことを意識しましょう。例えば、最初は窓の近くからスタートし、少しずつ屋外に出す時間を伸ばしていきます。こうすることで環境の変化を小さくして、葉焼けやダメージを避けるようにしましょう。

4.日光だけでなく風通しもチェックする

適切に直射日光に当てて育てていても元気がないようなら、風通しをチェックしてみましょう。

風通しが良くない環境では、せっかく日光に当てても呼吸が上手くできず、成長を妨げる恐れがあります。また、無風状態は害虫が発生する原因にもなるため、風通しのよい環境を置き場所に選んであげましょう。

5.長時間の日光にも気を付けて

夏場の強い直射日光でなくても、長い時間日に当たっていると葉焼けを起こしてしまいます。日当たりが良すぎる場所に置く場合は、太陽の動きを念頭に、置き場所を選んであげましょう。

すだれや園芸用の遮光カーテンを上手に使えば、時間帯によって日当たり具合を調節することができます。

また、室内から一時的に移動させて日光浴させるなら、5時間程度を上限に時間を区切っておきましょう。

適切に直射日光を当てて観葉植物を元気に育てよう

観葉植物に直射日光を当てることは、注意点やポイントをしっかり押さえておけばなんら問題はありません。むしろ植物にとって日光は光合成をするための大切な要素で、できるだけ明るい環境で育ててあげると元気に育ちます。

APEGOは観葉植物を専門に扱うネットショップです。植物の販売はもちろん、育て方についてのご相談も承っています。ご購入の有無に関わらず、観葉植物についてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年9月19日  by apego

関連する記事