このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者に難しい観葉植物ってどの種類?

初心者に難しい観葉植物ってどの種類?

「観葉植物は初心者には難しい…」といったイメージお持ちの方も多いのではないでしょうか?

確かに、育てるのが難しいと言われる種類は存在しますが、こうした植物でも育て方のポイントさえ押さえておけば、初心者でも元気に育てることができます。

今回は、観葉植物は初心者に難しいと言われる理由について解説します。初心者向けのおすすめの種類もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

初心者に難しい観葉植物ってあるの?

観葉植物
一般的に、育てるのが難しいと言われる観葉植物は存在します。

観葉植物は種類ごとに水やりの頻度や日当たり、最適な室温などに違いがあります。例えば、寒さに弱い種類を育てるには、室温の管理に気を付けなければなりません。また、湿気が多い環境を嫌う種類なら、湿度の管理に気を遣わなければならないでしょう。

このように、育てるのが難しいと言われる観葉植物には、押さえるべきポイントが存在します。言い換えれば、育て方のポイントさえ押さえておけば、初心者でも元気に育てることができるということ。

実は、正しい育て方を知らないために「初心者には難しい」と勘違いされている観葉植物も少なくありません。

育てるのが難しいと勘違いされる観葉植物の例

例えば、オリーブの木は室内ではなく室外で育てるのに適した植物です。しかし、室内でも育てられると勘違いしている初心者の方も多く、「育てるのが難しいと」と勘違いされやすい種類の1つです。室外で育てれば、寒さにも強く丈夫に育つことから、かえって初心者向きの観葉植物といえます。

また、フィットニアも育てるのが難しいと勘違いされている植物です。フィットニアは、水草や水耕栽培向きとして販売されていることがありますが、実は水中ではうまく呼吸ができない特徴があります。水草として上手に育てられない方でも、きちんと用土で育ててあげればとても元気に育ちます。

初心者の方が観葉植物を購入する際は、育て方のポイントをしっかり把握しておけば、丈夫で元気な状態を保つことができるでしょう。

初心者でも育てやすい観葉植物3選

さて、観葉植物は育て方のポイントを押さえておけば初心者でも大丈夫とご紹介しましたが、いざ植物を選ぶとなると、どれを購入するか迷ってしまいますよね。

そこでここからは、初心者でも育てやすいおすすめの観葉植物を3つご紹介します。

1.ウンベラータ

ウンベラータ
大きなハート型の葉っぱと、特徴的な枝の樹形が魅力的なウンベラータ。生育旺盛な観葉植物で、初心者にも育てやすい種類として知られています。

お部屋のインテリアアイテムとしても人気が高く、毎日の生活に植物ならではのみずみずしさをプラス。枝の曲がり具合を調整する「曲げ木」で自分好みの樹形に成長させることができ、楽しみ方も幅広い観葉植物の1つです。

>>おすすめのウンベラータはこちら

2.ゴムの木

ゴムの木
つやつやとした楕円形の葉っぱが美しいゴムの木。やや肉厚の葉は生命力の強さも感じさせ、インテリアアイテムとして抜群の存在感を発揮してくれます。

初心者でも育てやすい観葉植物の1種で、日当たりのよい環境で育てると葉脈がはっきりとして、色具合も美しく成長。「永久の幸せ」という花言葉が付けられており、幸運をもたらす植物としても大人気です。

>>おすすめのゴムの木はこちら

3.サンスベリア

サンスベリア
鋭く尖った個性的な葉の形状に、縞柄の模様がアクセントのサンスベリア。トラの尻尾にも似た姿から「虎の尾(トラノオ)」という別名も有名。春から秋にかけての成長期には次々と新芽が生え、成長具合を楽しむことができます。

インテリア性が高く、サイズも大小さまざまな種類が揃っているので、お部屋のスペースにぴったり合わせることができるでしょう。

>>おすすめのサンスベリアはこちら

観葉植物は育て方のポイントを押さえれば初心者でも大丈夫

今回は、初心者に難しい観葉植物についてご紹介しました。

観葉植物の中には、育てるのが難しいと言われる種類が存在します。しかし、育て方のポイントさえしっかり押さえておけば、誰でも元気に育てることができます。どの種類を選ぶのか迷ってしまうなら、まずは見た目の好みから選んでみるのもよいでしょう。

APEGOでは、紹介している商品画像の現物をご自宅までそのままお届けします。気に入った見た目の観葉植物が手に入るだけでなく、種類ごとの「育て方カード」も同封していますので、初心者の方でも安心してご購入いただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年9月24日  by apego-press

関連する記事