このエントリーをはてなブックマークに追加

観葉植物の土はどこで買う?土の選び方は?

観葉植物の土はどこで買う?土の選び方は?

観葉植物にとって、土は栄養や水分、空気を吸収するための大切な役割を果たしています。観葉植物を元気に成長させるなら、土の管理にはしっかり取り組むことが重要です。

そこで今回は、観葉植物の土はどこで買えばよいのか?どんな土を選べばよいのか?といった疑問について解説します。土の役割や入れ替えのタイミングについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

観葉植物の土は園芸店やホームセンターで購入する

園芸店
観葉植物の土を購入するなら、園芸店やホームセンターを利用しましょう。

こうした店舗には園芸用の土が多数揃っており、観葉植物向けの土も販売されています。複数の商品があって迷った場合も、専門的な知識を持った店員がいるため、相談しやすいのもメリットです。

最近では100円均一でも園芸用の土を販売していますが、観葉植物にとって土は成長を支える要となる部分です。土の良し悪しが成長に影響を与えることもあるため、できるだけ園芸店やホームセンターといった専門店で購入するのをおすすめします。

土の選び方は観葉植物用の培養土を選ぶのがおすすめ

土を選ぶときは、観葉植物向けの培養土を選ぶのがおすすめです。

観葉植物のよい土の条件は、排水性・保水性・通気性の三つを兼ね備えていること。排水性・保水性がよいと、成長に必要な水分や養分を一定期間保っておくことができます。また、通気性がよければ、根が呼吸するための空気の通り道を確保できます。

観葉植物向けの培養土なら、あらかじめ観葉植物の成長に適した土の状態にブレンドされているので、はじめから三つの条件を満たしてくれています。初心者でも迷わず使用できるのでおすすめです。

観葉植物用の土が見つからないようなら、一般的な園芸用の腐葉土と赤玉土をブレンドして使用しましょう。配合の割合は腐葉土4:赤玉土6の割合です。2種類の土をよく混ぜてから使うようにしてください。

そもそも観葉植物の土の役割って?

土
ここまで観葉植物の土の購入先や選び方について解説してきましたが、そもそも観葉植物の土の役割はどのようなものなのでしょうか?

栄養や水分の吸収に加え、幹や枝を支える重要な役割がある

土の役割には大きく、

  • 栄養や水分、空気を吸収する
  • 根を張ることで株を支える

の2つが挙げられます。

観葉植物は成長するために栄養や水分、空気を必要とします。土にはこうした栄養や水分が含まれており、観葉植物は土に根を張ることで生きていくための“ご飯”を吸収しています。

また、土にしっかり根を張ることで、幹や枝といった株をしっかり支えて安定を保つ役割も果たしています。

鉢植えという環境下では、野生環境や屋外と違い、根を遠くまで伸ばして栄養を補給できません。そのため、鉢で使用する土の状態が成長に大きく影響を与えます。観葉植物にとって過ごしやすく、成長しやすい環境を作るためにも、土にはしっかり気を配っておきましょう。

土を入れ替えるタイミングは?

ピートモス
さて、観葉植物を入れ替えるタイミングについて見ていきましょう。

基本的に観葉植物の土を入れ替えるのは、5月~10月の成長期を選ぶようにします。土の入れ替えや鉢の移し替えは、植物にとってストレスが大きくダメージを与えるものです。とくに休眠期に入れ替えをすると大きなストレスがかかることから、成長期を選んで入れ替えをおこないましょう。

では、具体的にどんなタイミングで土を入れ替えればよいのか見ていきましょう。

2年に一度は土の入れ替えをする

観葉植物は2年に1回程度は土の入れ替えを行いましょう。古い土を長く使っていると、病害虫が発生する原因となってしまいます。また、若い観葉植物が順調に成長すると、2年程で現在の鉢のサイズでは窮屈になってしまいます。

土の状態を好転させ、根が伸びるためのスペースを確保するためにも、2年に1回は土の入れ替えや鉢の植え替えを行いましょう。

土の表面にカビが発生した場合や変なニオイがするとき

湿気が多い時期になると、土の表面に白っぽいカビが発生してしまいます。こうしたカビは病気の原因となるため、スコップなど表面の土をすくって、新しい土を追加してあげましょう。

また、土から変なニオイがするときは、根腐れや根詰まりを起こしている可能性があります。こうした状態が長く続くと、成長を阻害するだけでなく最悪の場合株が枯れてしまう原因となるため、早めに新しい土に入れ替えましょう。

観葉植物の土を見直して元気な成長を後押ししよう

今回は、観葉植物の土についての情報をご紹介しました。土は観葉植物にとって栄養や水分を吸収するだけでなく、根をしっかりと張り安定した成長に繋げる大切な役割があります。

観葉植物の土は、商品の種類が多く専門的な知識を持った店員が多い、園芸店やホームセンターで購入しましょう。また、土を選ぶ際は、観葉植物向けの培養土を選ぶのがおすすめです。あらかじめ観葉植物の成長にとって最適なバランスで土が配合されているため、植物が元気に育ちます。

観葉植物を専門に取り扱うAPEGOでは、植物の販売だけでなく、育て方に関するご相談も承っています。また、育て方やお手入れの疑問に関するコンテンツも定期的に配信していますので、ぜひ参考にしてください。

観葉植物の商品一覧はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年5月19日  by apego

APEGO 関連商品

関連する記事