このエントリーをはてなブックマークに追加

観葉植物を育てるのに必要な鉢底石って何?

観葉植物を育てるのに必要な鉢底石って何?

鉢底石(はちぞこいし)とは、観葉植物の土を入れる際に、鉢の一番底に敷く軽石や黒曜石のことです。

園芸初心者の中には、なぜ鉢底石が必要なのか疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、観葉植物に鉢底石を入れる目的や役割について解説します。また、鉢底石の使い方についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

観葉植物でよく使用する鉢底石とは?

鉢底石 イラスト
鉢底石(はちぞこいし)とは、軽石や黒曜石などの素材で作られた排水性に優れた石のことです。観葉植物の土を入れる際は、鉢の一番底に敷いて使用します。

観葉植物を元気に育てるには、排水性や通気性がよい状態を保つことが大切です。排水性や通気性がよくないと、腐敗菌が増殖してしまい、成長を阻害したり根腐れを起こす原因となります。

鉢底石を使えば排水性や通気性をよくするだけでなく、水分量を適切に保ち、ほどよく空気の入れ替えが可能です。土を適切な状態に保てるため、観葉植物を元気に育てることができます。

どんなときに鉢底石を使うの?

鉢底石
鉢底石は観葉植物の育てはじめから使用するのが一番です。

しかし、店舗で販売されている商品には、鉢底石が敷かれていない状態で販売されている株もあります。このままでも植物が元気に成長していれば問題ありません。ただ、次のような状態が見られたら、土の入れ替えと合わせて鉢底石を使うようにしましょう。

  • 水はけや水のしみ込みが悪い
  • 鉢の底から根が出ている
  • 葉の色づきや枝の成長が悪い

水はけや水のしみ込みが悪いのは、根詰まりや根腐れを起こしている可能性があります。そのまま放置しておくと、植物の成長を阻害したり、枯れてしまう恐れがあるので注意が必要です。また、鉢の底から根が出ているのも、根詰まりのサインです。鉢底石を使うことで排水性や通気性を改善してあげましょう。

その他にも葉の色づきや枝の成長が悪い場合も、鉢や土の植え替えをおこなうタイミングです。このタイミングに合わせて、鉢底石を敷いてあげるとよいでしょう。

観葉植物を育てるときの鉢底石の選び方・使い方

鉢底石を使用する際に「庭の石や河原の石で代用できないの?」という疑問の声をよく耳にします。たしかに身近な石で代用できれば、わざわざ購入する手間が省けます。

そこでここからは、観葉植物を育てるときの鉢底石の選び方や使い方について見ていきましょう。

市販の鉢底石を選ぶのがおすすめ

観葉植物の鉢底石を選ぶ際は、ホームセンターや園芸店で販売されている商品を選ぶのがおすすめです。

市販の鉢底石に使用される軽石や黒曜石は保水性や通気性に優れています。しかし、庭や河原の石は保湿性や通気性がなく、鉢底石として使用するには最適ではありません。また、市販の商品であれば清潔な状態で販売されているので、雑菌や害虫の発生を防ぐことができます。

鉢底石は園芸用や観葉植物向けの商品であれば、どれを選んでも大丈夫です。鉢底石が小さなネットに入って販売されているタイプもあり、植え替えや土の入れ替え時に再利用できるので便利です。

鉢の5分の1程度を目安に鉢底石を敷く

  1. 鉢底ネットを底に敷く
  2. 鉢の底から5分の1程度を目安に鉢底石を敷き詰める
  3. 観葉植物用の培養土を入れる

鉢底ネット
鉢底石を使う場合は、まず鉢の底に鉢底ネットを敷きます。鉢底ネットとは、鉢やプランターの底に敷く網目状のネットで、ハサミで好きなサイズにカットすることができます。鉢底ネットを敷くことで、鉢底の穴から害虫が侵入することを防ぎ、植物の成長促進に効果的です。

次に、鉢底石を鉢やプランターの底から5分の1程度の高さを目安に敷いていきましょう。底が深い鉢であれば、3分の1程度まで入れても問題ありません。鉢底石を敷いたら、その上から観葉植物用の培養土を入れながら、植え込みや植え替えをおこないます。
土 天日干
最後に、鉢底石は一度使っても再利用することが可能です。再利用する際は、まず鉢底石をよく水洗いしてください。数日程度天日干しをして消毒をすれば、再度鉢植えに利用しても大丈夫です。

APEGOでは観葉植物の疑問にもお答えしています

今回は、観葉植物を育てる際に使用する鉢底石についてご紹介しました。

鉢底石とは、軽石や黒曜石などの素材で作られた排水性に優れた石のことで、鉢の底に敷き詰めるようにして使用します。

鉢底石を使えば排水性や通気性をよくするだけでなく、水分量を適切に保ち、ほどよく空気の入れ替えをおこなうことができます。土を適切な状態に保ち、観葉植物を育てるための環境を整えるにはぴったりです。

観葉植物を専門に扱うAPEGOでは植物の販売だけでなく、育て方に関する質問や疑問にもお答えしています。観葉植物を育てる際に気になることや分からないことがあれば、APEGOまでお気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年5月19日  by apego

APEGO 関連商品

関連する記事