このエントリーをはてなブックマークに追加

疑問解決!観葉植物のよくあるご相談・ご質問

疑問解決!観葉植物のよくあるご相談・ご質問

いざ観葉植物を育てようと思っても、「植物の選び方や育て方が分からない」という方も多いのではないでしょうか。せっかく購入する植物だけに、失敗なく元気に育てたいですよね。

そこで今回は、観葉植物に関するよくある相談や質問にまとめて、お答えしていきます。気になる疑問がある方は、ぜひ参考にしてください。

観葉植物の選び方・育て方┃よくある相談や質問

how to gardening

さっそく、みなさんから寄せられるよくある相談や質問にお答えしていきます。

Q1:失敗しない観葉植物の選び方は?

A:手入れの手間や耐陰性・耐寒性に注目

植物選びの失敗をなくすには、まず手入れの手間が少ない種類を選んでみましょう。具体的には、水やりの頻度が少なくて済む種類や、丈夫に育ちやすいものを選びます。

観葉植物を育てる際の失敗として、手入れをついつい怠ってしまい、枯らせてしまったというケースも少なくありません。手入れの手間がかからず、丈夫な植物なら、こうした失敗を軽減することができます。

また、日当たりの悪い場所でも育ちやすい「耐陰性」や、寒さに強い「耐寒性」に優れた種類を選ぶと、置き場所を選ぶ幅も広がり、育てやすさに繋がるでしょう。

Q2:初心者にも育てやすい観葉植物は?

A:ウンベラータやドラセナ、サンスベリアなどがおすすめ

ウンベラータは初心者でも育てやすい観葉植物の種類です。ハート型の葉っぱが見た目にもおしゃれで、お部屋のインテリアとしても人気があります。

また、ドラセナは耐陰性が強く、室内で育てるにはうってつけの植物。サンスベリアも日陰でも育てることができ、水やりの頻度も比較的少なくて済むだけに、初心者にはおすすめの種類でしょう。

ウンベラータの商品一覧はこちら
ドラセナの商品一覧はこちら
サンスベリアの商品一覧はこちら

初心者におすすめの育てやすい観葉植物とは?

Q3:寒さに強い観葉植物は?

A:ストレチアやモンステラ

ストレチアやモンステラは、寒さに強い観葉植物として知られています。どちらの種類も最低温度5℃まで耐えることができるため、冬でも温暖な地域では屋外で育てることもできるでしょう。

とはいえ、いくら寒さに強くても日当たりの悪く寒い環境に長く置いておくと、植物の成長が鈍くなってしまいます。定期的に日当たりの良い場所に置いて、日光浴をさせてあげると、植物が元気に育つでしょう。

ストレチアの商品一覧はこちら
モンステラの商品一覧はこちら

寒さに強い観葉植物と選び方

Q4:観葉植物の風水効果にはどんなものがあるの?

A:種類ごとにさまざまな風水効果がある

観葉植物と聞いて、風水を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。観葉植物には種類ごとに、さまざまな風水効果があるとされています。

例えば、パキラは金運や仕事運を高める効果があるとされており、人気を集める種類の1つです。また、サンスベリアは「永久」や「不滅」といった花言葉があり、風水では邪気を祓うとされています。

その他にも、ベンジャミンバロックは丸い葉っぱの形状から「気持ちを落ち着かせる」「人間関係をスムーズにする」といった風水効果があるなど、種類ごとに異なる風水の意味を知るのも、観葉植物の楽しみ方の1つです。

パキラの商品一覧はこちら
ベンジャミンバロックの商品一覧はこちら

Q5:プレゼントに喜ばれる観葉植物は?

A:サイズ感や風水にも注目して選ぶのがおすすめ

プレゼントに観葉植物を選ぶなら、サイズ感や風水に注目してみましょう。

プレゼント先にスペースに配慮したサイズのものを選ぶのが基本で、中鉢サイズのものが人気があります。お店の開店祝いなどでスペースに余裕があるなら、大鉢サイズのものを選んでも喜ばれるでしょう。

また、植物の種類ごとに風水や花言葉に注目してみるのもポイントの1つです。

中鉢サイズの観葉植物はこちら
大鉢サイズの観葉植物はこちら

プレゼントに喜ばれる観葉植物

Q6:水やりの頻度や方法は?

A:基本は「土の表面が乾いたら」。種類ごとの特徴にも注目

水やりの頻度は「土の表面が乾いた」タイミングが基本となります。あまり頻繁に水を与え過ぎると、根腐れを起こす原因ともなるため、土の状態をよく観察しておきましょう。

また、植物の種類によっては、土がカラカラに乾燥するまで水を与えない方がよい種類や、冬場は水をまったく与えないといった特徴を持つものも少なくありません。それぞれの特徴を事前に把握しておくと間違いがないでしょう。

水やりは鉢底から水が出るくらいを目安にします。可能なら屋外に植物を移動して、受け皿を外した状態で与えてあげてください。鉢底から水が出なくなったら、元の場所に戻してあげましょう。

【保存版】観葉植物の正しい水やりの方法

Q7:おすすめの置き場所は?

A:日当たりや成長の仕方を意識してみる

観葉植物の置き場所を選ぶなら、やはり明るく日当たりの良い場所が最適でしょう。ただ、直射日光に当たり過ぎると、葉っぱの色にムラが出ることがあります。とくに夏場などの日差しの強い時期は注意が必要です。

また、植物がどの方向に成長するのかを意識してみると、置き場所が決まりやすいでしょう。縦方向に成長しやすい(サンスベリアなど)種類、横方向に成長しやすい(モンステラ)種類、縦横に大きく成長する(ウンベラータ)種類など、成長後の姿をイメージしておくと、置き場所を移動する手間も省けます。

まとめ

今回は、観葉植物に関するよくある相談や質問をまとめてご紹介しました。みなさんの悩みは解消できたでしょうか?

観葉植物を購入する際、育て方や選び方に悩んでいる方も多いですよね。APEGOは観葉植物を専門に取り扱うオンラインショップです。購入や植物選びはもちろん、育て方など気になるポイントがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年2月13日  by apego-press

関連する記事