このエントリーをはてなブックマークに追加

観葉植物を株分けする方法と知っておきたい注意点

観葉植物を株分けする方法と知っておきたい注意点

大きく成長した観葉植物を「株分けしたい」という方も多いのではないでしょうか。

株分けとは1つの株(植物)を複数に分けてあげる作業で、観葉植物を増やしたり成長を促すために用いられます。

今回は観葉植物の株分けの方法と、注意点について解説します。これから株分けに挑戦するという方は、ぜひ参考にしてください。

観葉植物の株分けとは?

transplan

株分けとは、成長した観葉植物の株を、複数の株に分けてあげる作業のことを言います。親となる株(親株)を根や茎の部分で切り離し、分割してあげるイメージです。

どうして株分けをするの?

観葉植物は種類によって大きく成長するものも多いですが、あまりに大きく育ちすぎると鉢のサイズが小さくなり、生育環境が悪くなってしまいます。

とくに根が密集し過ぎることで水はけが悪くなるケースや、酸素不足に陥ってしまうと、成長を阻害してしまい「生育不良」を招いてしまいます。株分けはこうした環境を改善し、植物の元気を取り戻すにはうってつけの方法です。

また、大きく育ちすぎたことでお部屋のスペースが狭くなったり、手入れの負担が大きくなるといった問題も、小さく株分けすることで解消できるでしょう。

株分けができる観葉植物の種類は?

観葉植物によっては、株分けができる種類とできない種類があります。

株分けは、地下茎で広がるものや根元から子株を出す種類で行うことができ、ヤシ類やシダ類が該当します。例えば、サンスベリアやモンステラは株分けができる観葉植物です。

株分けは比較的に簡単にできる植物の増やし方なため、どんな観葉植物でも作業できると考えてしまいがちですが、種類ごとに最適な増やし方は違っています。事前に植物の種類をよく調べ、もっとも適した増やし方を選んであげましょう。

サンスベリアの商品一覧はこちら

モンステラの商品一覧はこちら

観葉植物の株分け方法を解説

では、実際に観葉植物を株分けする方法について見ていきましょう。

1.鉢から株分けする植物を取り出す

まずは、株分けする観葉植物を鉢から取り出します。

根が密集している場合は土が付着して重いため、気を付けて作業しましょう。根を傷めないよう丁寧に土を落とします。

2.株を分割してあげる

次に、株を分割してあげましょう。

手でほぐしながら分けてあげるのが、植物へのダメージがもっとも少ない方法です。しかし、根が密集して難しい場合は、ハサミを使用しても大丈夫です。なるべく無駄な部分を傷つけないようにしてあげましょう。

株分けをする際に悩むのが、いくつに分けるかという点ですが、基本的には2分割がおすすめです。一度に何分割にも株分けしてしまうと、植物へのダメージが大きくなります。スペースや鉢の大きさが限られている場合でも、4分割程度までに留めておきましょう。

3.新しい鉢に移しかえ植え付ける

分割したら、新しい鉢に移しかえてあげましょう。

鉢の大きさは、2分割した場合は元の鉢と同じサイズを用意します。こうすることで、生育環境が良くなり、株分け後も元気に成長してくれます。4分割した場合は、元の鉢より一回り小さいサイズでもよいでしょう。

鉢の半分程度まで土を入れ、株を置き高さを調節します。高さが決まったら、上から土をかぶせて固定してあげます。根の周りのスペースに、土をなじませるようにしてかぶせてあげるのがポイントです。最後に、手を使って軽く押し固めてあげましょう。

4.水をたっぷり与えて日陰に置く

土を入れ終わったら、最後に水をたっぷり与えてあげましょう。

水を与え終わったら、日陰で2~3週間程度は管理してあげてください。株分け直後は、根が活動していないため、水やりは慎重に行う必要があります。土の表面が乾いたことを確認してから与えてあげましょう。

水やり後は、鉢皿に水が溜まったままにならないようチェックしておきます。

株分けをする際の注意点は?

transplant

さて、ここまで観葉植物の株分け方法を解説してきましたが、株分けをする際には注意しておくべきポイントがあります。

株分けを行うタイミングを見定める

株分けは、ある程度植物が大きく育ったタイミングで行うのが理想的です。まだ成長途中の若い株で作業してしまうと、成長スピードが遅くなってしまいます。

具体的には、次のようなタイミングを目安にしてみましょう。

  • 鉢底からたくさん根が出ている
  • 鉢と観葉植物のバランスが悪い
  • 土が湿っているのに葉が枯れてしまう
  • 新芽が伸びてこない

株分けは5月~9月の暖かい時期に

株分けは、観葉植物が元気な暖かい時期に行うようにしましょう。種類により時期が若干ことなりますが、一般的には5月~9月が目安となります。

これ以外の寒い季節に株分けを行うと、植物が弱ってしまう原因になりかねません。株分けは植物へのダメージが大きい作業だけに、最適な時期を選んであげましょう。

株分けで観葉植物の生育環境を整える

今回は、観葉植物の株分けについて、方法や注意点をご紹介しました。

株分けは、大きく成長した植物の株を複数に分ける作業で、生育環境を整え成長を促すことができます。株分けの方法はそれほど難しくありませんが、植物のダメージが大きくならないよう、株分けのタイミングや時期をしっかり見定めてあげましょう。

APEGOは観葉植物を専門に扱うオンラインショップです。植物の写真は、すべてお届けする現物そのものを掲載しているので、気に入った樹形やサイズの商品をお選びいただけます。こだわりの一点ものの観葉植物をお探しなら、ぜひAPEGOをご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年2月12日  by apego-press

関連する記事